名古屋電機工業株式会社

健康経営方針

名古屋電機工業株式会社は、経営理念に基づく事業活動を通じて安全・快適で豊かな社会の実現につながる価値の提供を行い、持続可能な成長により企業価値を高めていくことに努めています。

その企業価値向上のため、従業員一人ひとりが心身共に健康で活躍ができる環境を整えるとともに、従業員一人ひとりも自身の健康に自覚と責任を持つことが必要となります。

名古屋電機工業株式会社は、従業員がやりがいをもって働ける職場環境や健康保持・増進に向けて積極的に取り組んでいきます。

名古屋電機工業株式会社
代表取締役社長 服部 高明

体制

経営課題と取り組みテーマ

当社では、従業員一人ひとりが心身ともに健康でいきいき働ける会社で、持続的な成長を目指しています。そのため、「従業員の生活習慣や心身の健康度の改善による生産性の向上」を経営課題と捉え、以下の取り組みを行っています。

からだの健康に向けた取り組み

  • 定期健康診断受診の維持
  • 人間ドック等受診の推進
  • 精密検査等の二次健診受診率向上

こころの健康に向けた取り組み

  • ストレスチェック受検の徹底
  • メンタル産業医によるメンタルヘルス教育の徹底

PDCAを回しながら改善を進めることにより、経営課題を解決します。これにより、企業価値の向上のさらなる向上を目指します。

取り組み内容、計画と指標・最終目標

からだの健康に向けた取り組み

定期健康診断受診の維持

2022年度実績値 2023年度目標値 最終目標値 目標達成年度
100.0% 100.0% 100.0% 2030年度(維持)

人間ドック等受診の推進

2022年度実績値 2023年度目標値 最終目標値 目標達成年度
14.0% 20.0% 100.0% 2030年度


推進計画
定期健康診断実施の案内を5月に社内イントラネットを使用して実施案内を行う。併せて人間ドック等の受診の推進も行い利用の向上を図る。

精密検査等の二次健診の受診率向上

2022年度実績値 2023年度目標値 最終目標値 目標達成年度
24.4% 30.0% 100.0% 2030年度


推進計画
該当者にメールと書面で受診勧奨の案内を行う。そのうえで、定期的に受診の有無を確認を行う。案内を受けて6ヵ月経過後に受診確認ができない場合、該当者の上司へ報告を行うと同時に、産業医による面談を実施し、受診率向上を図る。

こころの健康に向けた取り組み

ストレスチェック受検の徹底

2022年度実績値 2023年度目標値 最終目標値 目標達成年度
98.1% 100.0% 100.0% 2030年度


推進計画
長期療養や休職者以外で未受検者へメールで受診勧奨の案内を行う。

メンタル産業医によるメンタルヘルス教育の徹底

2022年度実績値 2023年度目標値 最終目標値 目標達成年度
18.2% 55.0% 100.0% 2030年度


推進計画
従業員に対してメンタルヘルス教育を月1回火曜日に実施する。対象者へは社内イントラネットで案内を行い、ヘルスリテラシーの向上を図る。

その他の取り組み項目と指標・最終目標

項目 推進計画 2022年度実績値 2030年度目標値
特定保健指導実施率 保健師の保健指導実施 5.8% 10.0%
禁煙率 就業時間内禁煙
健康促進手当支給の開始
80.0%
(2023年7月時点)
90.0%
年休取得率 連続休暇取得推進 54.8% 85.0%