名古屋電機工業株式会社

情報開示の基本方針

当社グループは、株主及び投資家に対して、公平・公正な情報を迅速かつ適切な時期に適正な方法で開示することを基本方針としております。また、制度的な情報開示はもとより、株主及び投資家保護の観点から、積極的な情報開示にも重点を置いて取り組んでおります。

情報開示の開示基準

(1) 会社法・金融商品取引法等の関係諸法令、証券取引所の定める適時開示規則に従い、 透明性、公正性、継続性を基本とした、迅速かつ正確な情報開示を行います。
(2) 上記(1)に該当しない情報であっても、ステークホルダーをはじめ広く社会の皆様に 役立つ情報については、可能な範囲で適時、正確な情報開示を行います。

情報開示の方法

(1) 適時開示規則に該当する情報開示は、同規則に従い、証券取引所の提供する TD-net 及び関係記者クラブなどの報道機関に公開します。
(2) 適時開示規則に該当しない情報開示は、その重要性、緊急性に応じて、プレリリースや記者会見など適切な方法で行います。
(3) 上記のとおり TD-net のほか、説明会、報告書、印刷物等さまざまな方法により開示された情報は、ホームページに適宜掲載します。なお、システムの状況等により、当該情報の当社ホームページへの掲載が遅れる場合があります。

沈黙期間について

当社グループでは、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としております。この期間は、決算に関する一切のコメントや質問への回答を控えさせて頂きますのでご了承ください。
ただし、沈黙期間中に既に公表している業績予想に修正が生じた場合、適時開示規則に従い情報開示を行います。

免責事項

開示情報は、当社グループについて深くご理解頂くことを目的としており、投資に関する勧誘を目的としたものではありません。開示情報のうち、将来の業績等に関する見通しは、現時点で入手可能な情報による判断であり、実際の業績は、経済情勢等の外部環境の変化やさまざまな不確定要素により、見通しと大きく異なる可能性があることをご承知おきください。