直感的に駐車状況を把握する

高速道路の休憩施設は限りのある駐車場スペースで運営されています。
効率的な駐車場運用を支援するため,独自のセンシング技術により計測された駐車状況を専用の情報板に表示し,駐車場を利用するドライバーに空きスペース情報を提供,スムーズな駐車を促します。


これまでの駐車場の課題

  • 虫食い駐車の発生のため空きスペースの把握が困難
  • 車種別に適切な駐車が行われていない
  • 空きスペースを探す逆走車による事故の危険
  • 休憩施設間における駐車の分散化(平準化)がされない

段階的な表示

process_a process_b

弊社表示の特長

metdhod_a

表示要素の1つであるピクトグラムを拡大して表示し,駐車可能な車種の認識を向上。
さらに理解を深めるため,駐車状況を交互表示にて提供します。

metdhod_b

混雑時には、直感的に駐車状況を把握できるよう,
1マス(車1台分のスペース)ごとの詳細状況を表示。
表示要素の1つである面積的な表現により,要約した駐車状況を認識できます。

将来像

future_a

文字に頼らない空きスペースへの誘導

future_b

施設情報や駐車位置を案内する誘導サービス

お問い合わせ

お見積もり・ご相談(フォーム)