積載型車載標識出荷式
中日新聞掲載
HWTF2015出展

ITSとは

ITSとは、「Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム」の略で、情報通信や制御技術を活用して安全で円滑な交通を実現するためのシステムをあらわす概念です。名古屋電機工業は、1966年に電光情報盤(電光掲示板、道路情報板)を開発し、1969年の東名高速道路開通時に、ドライバー向けの情報提供システムを一手に請け負って以来、日本の一般道・高速道路の両方における、この「ITS」のパイオニアです。現在は、上記の「道路情報システム」と、道路から派生した「河川情報システム」の、2つのシステムを提供しています。

名古屋電機工業株式会社は2015年8月、 鉄道信号および交通管理者向け市場を主とした交通インフラ事業を手掛ける 日本信号株式会社 と業務提携契約を締結いたしました。双方の強みを生かした商品ラインナップの充実により、更なるサービス、ソリューションの向上を図って参ります。

日本信号株式会社ホームページはこちら

「高速道路用途」「一般道路用途」の「道路情報提供システム」、「河川用途」の「河川情報提供システム」の、計3つの用途に合わせたご提案を行っております。

高速道路向け

主にNEXCO3社様、都市高速各社様、本四国道様の仕様に基づいたシステムになります。センサーなどの情報収集装置、管理者様側の分析をサポートする処理装置・操作装置とドライバー向けの表示装置の3つから構成されています。

本線

本線上の様々な事象を探知・収集するセンサー装置と、情報板(電光掲示板)表示を主とした情報提供を行うシステムです。
キーワード:情報板(KL、FL、図形、所要時間)、速度規制標識、気象情報提供システム、、ハイウェイラジオ、トラフィックカウンター

トンネル

トンネルでの事故や火災などの非常時のための案内システムです。
キーワード:トンネル防災システム、情報板(DL)、非常電話、押ボタン式通報装置、非常警報装置、誘導表示板

休憩施設(SA・PA)

画像解析システムと電光掲示板(表示板)を組み合わせる事で、ドライバーを空きマスへと案内するシステムです。
キーワード:駐車場案内システム、案内表示板、画像解析、所要時間板

一般道向け

一般道向けは、主に国交省様、警察様、県などの各自治体様向けの仕様となっております。

本線

本線上の様々な事象を探知・収集するセンサー装置と、情報板(電光掲示板)表示を主とした情報提供を行うシステムです。
キーワード:情報板(HL、BL)、津波情報システム、気象情報提供システム、速度規制標識、対向車警告システム

トンネル

トンネルでの事故や火災などの非常時のための案内システムです。
キーワード:トンネル防災システム、非常警報装置、非常電話、押ボタン式通報装置、非常警報装置、誘導表示板

アンダーパス

アンダーパスでの冠水を感知し事前にドライバーに案内するシステムです。
キーワード:冠水警告システム

自転車道

道路に併設された自転車道で、横断する歩行者をドライバーに案内するシステムです。
キーワード:自転車道表示板

休憩施設(道の駅)

道の駅の構内や、施設内の情報コーナーにて、利用者に各種情報をお知らせするシステムです。
キーワード:情報端末、リクエスト端末、表示装置

河川向け

河川の増水やダムの放流などの警報表示や河川に関する広報表示を行うシステムを中心に、国土交通省や地方公共団体向けに各種システムをご提案しています。

河川周辺

地域住民の皆様や河川敷利用者をはじめとした周辺の皆様に、 気象による増水や、河川に関する広報表示お知らせするシステムです。
キーワード:河川情報板

システム


道路情報提供システム

トンネル防災システム

河川情報提供システム

冠水警告システム

気象観測システム

駐車場案内システム

「道の駅」情報提供システム

走光型運転支援灯システム

災害情報板

マルチパターン式交通情報板

機器

横風注意喚起板
自転車道用情報板

収集・分析・提供のトータルシステム

当社は、情報板(電光掲示板)のハードウェアに附随するかたちで、制御する仕組み(ソフトウェア)を開発していましたが、コンピュータの進化とともに、さまざまなセンサーを用いたデータの収集や、そのデータを処理・分析するソフトウェアの重要性が高まり、センサーや表示デバイスなどのハードウェアと、それらを機能させるソフトウェアを融合した「システム」として発展させてまいりました。 現在ではこれらのシステムをさらに複数組み合わせ、情報の複合的な収集・分析・提供という一連の流れを実現するソリューションとして、トータルシステムをご提案しています。

名古屋電機工業の強み

名古屋電機工業の強みは、多数の機器やソフトウェアを組み合わせたシステムについて、お客様のニーズを捉える企画から、システム全体の設計、ソフトウェアの構築、機器・装置の製造・生産、さらには道路への設置工事や設置後の保守まで、それぞれに対応する自社の施設・設備・人員を有し、一貫して対応できることです。 こうした強みを活かすことで高寿命・高品質を実現し、現在運用されているシステムや機器の中には、例えばLED式の道路情報板(道路用電光掲示板)など、四半世紀を超えて稼働しているものもあります。

お問い合わせ

お見積り・ご相談(フォーム)