「ソーラー式積載型車載標識装置」出荷式を開催

 名古屋電機工業株式会社(本社:愛知県あま市、社長:干場敏明)は3月28日、2号警備業務の交通誘導警備業務等をアシストする新製品「ソーラー式積載型車載標識装置」の出荷式を実施しました。

 「ソーラー式積載型車載標識装置」は、道路利用者・作業員の安心・安全をコンセプトに製品開発を行った新型の車両積載型LED表示板であり、軽トラックや2tトラックに積載し交通誘導や雑踏警備における案内情報の提供を目的とした製品です。表示部を電動昇降できる機能を搭載しており、高い位置からの情報提供による視認性の向上と、電動機能により設置時における作業員の負担を軽減することができます。さらに、業界初の機能としてLED表示部を90°旋回し収納できる機能を搭載しており、走行時にも後方視野の確保ができるため、作業員の方が安全に目的地まで車輛を運転することができます。

 出荷式には、当社代表取締役干場敏明はじめ、当社取締役や営業、技術、生産部門、製造協力会社様から多くの関係者が出席しました。関係者でのテープカット、営業部門による製品のヒットを祈願した「お祝いの儀」を行い、最後に出席者全員でトラックに積載された新製品の門出を見送りました。

 代表取締役社長 干場敏明より、今回新たな民間向け製品の門出を祝い、当社では初の出荷式を開催することで全社一丸となって新製品の販売拡大に取り組んでいくことを説明。続いて、営業本部 副本部長より、来期の販売への決意表明として、新製品プロジェクトチームによるお客様のニーズを取り込んだ製品の開発を行うことで新規需要を獲得していく。と挨拶をしました。

当日の模様を動画で撮影しました。

お問い合わせ

「ソーラー式積載型車載標識装置」の詳細については以下をご覧ください。
商品ページ
お見積もり・ご相談(フォーム)