株主の皆様へ

服部高明画像

株主の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は、格別のご支援並びにご鞭撻を賜り厚くお礼申し上げます。

ここに第62期(2018年4月1日から2019年3月31日まで)のご報告をさせていただくにあたりまして、
ご挨拶申し上げます。

代表取締役社長 服部 高明

2019年3月期の決算ハイライト

売上高
19,363百万
売上高
営業利益
1,432百万
営業利益
経常利益
1,479百万
経常利益
当期純利益
1,402百万
当期純利益

2019年3月期の概況

当連結会計年度におけるわが国経済は、政府による経済再生に向けた各種政策効果を背景に、雇用・所得環境や企業収益の改善が見られ、緩やかな回復基調が続きました。一方、米中貿易摩擦による海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響などにより、依然としてわが国経済の先行きは不透明な状況が続いております。

当社グループの主要事業であり、官需を主とする情報装置事業につきましては、同業他社に加え近年新規参入した企業との価格競争が依然として続いております。そのような状況下、顧客ニーズにマッチした製品提案を行い、各地域の協力会社とともに販路拡大を進めてまいりました。また、GPSソーラー式信号機・LED標示機等を製造、販売する株式会社インフォメックス松本(旧会社名:コンラックス松本)の株式を2018年10月1日に100%取得し子会社化しました。子会社化による技術力のシナジー効果で道路交通システム関連製品の付加価値向上を図ってまいりました。

一方、民需を主とする検査装置事業につきましては、企業の設備投資は緩やかに増加しているものの、受注獲得のため、他社製品との差別化競争は激しさを増しております。そのため、顧客ニーズに対応すべく開発した3次元基板外観検査装置や3次元はんだ印刷検査装置などの営業活動を推進してまいりました。

情報装置事業

受注獲得に向けた激しい競争はあったものの、高速道路会社向けのLED式道路情報板や車載標識装置の売上、利益ともに堅調に推移しました。

検査装置事業

3次元基板外観検査装置、X線基板検査装置などの主力の製品は厳しい受注状況が続いたものの、前事業年度に受注したICチップ搬送装置が売上及び利益面に大きく貢献しました。

お問い合わせ

お問い合わせ(フォーム)